年齢に合った財布を選ぶのが重要

40代の財布選びは、落ち着いた大人の雰囲気を重視すべし

40代の男性ともなれば、すでに部長クラスまで駆け上がり、人によっては支店長クラスまで昇っているでしょう。
ガムシャラに頑張ってきた20代、30代からは、一区切り置いて、落ち着いて仕事全体を眺められる
そんな年齢が、40代という年かも知れません、ここでは財布も、それ相応のものを選びましょう。

 

 

40代男性の落ち着きを重視したい財布選び

 

40代と言えば、すでに仕事もデスクワークが多くなり自分が動くより部下に指示を出す事が多くなります。
そこで、身なりにも気をつけねばいけなくなるわけです。
ここで、プラダやボッテガヴェネタのようなブランド財布に財布を切りかえるのも悪くはありません。
ただ、ブランド財布を持つという事は、身なりもそれに合わせたものにする必要があります。
例えば、車はジャガーとかBMB、腕時計はタグ・ホイヤー、スーツはアルマーニなら、
それに名前負けしない財布としてブランド財布は絶対必要でしょう。
しかし、そこまでではないなら、財布だけブランド物という一点豪華主義は浮いてしまう恐れもあります。

 

 

 

ブランドではなく本物志向という選び方もある

 

落ち着いた大人の雰囲気は、ブランド財布ではなくても出す事が出来ます。
それは、例えば、ココマイスターのような上質な革財布などでも雰囲気は造れるのです。
ココマイスターには、ジョージブライドルというシリーズがあります。
こちらは、革を加工する際に、何度もロウを垂らして艶が出るように加工した財布で、
使いこむ間に、ロウが革の表面に染み出して、天然のワックスになり財布に深みと艶を与えます。
また、ココマイスターには、財布ばかりではなく、革製の名刺入れやパスケースもあります。
財布は沢山、お札が入る長財布を使って一連のココマイスターで決めれば、
40代男性に相応しい落ち着いた雰囲気が出てくる事でしょう。

 

 

ココマイスターのオフとオンの使い分け

 

40代ともなれば、仕事とプライベートの切り変えもオシャレにこなさないといけません。
職場で使っている財布をオフでも使いまわすなんて、ばれたら部下の信頼を損ねます。
例えば、ココマイスターには、オフに合わせて使えるナポレオンカーフというシリーズがあります。
こちらは、使って半年ほどで径年劣化したような味が出る財布なのです。
もちろん、本当に劣化したのではなく、あくまで雰囲気なので安心して下さい。
このように、40代の財布は仕事とプライベートで使い分け落ち着いた大人を演出する小道具なのです。