年齢に合った財布を選ぶのが重要

30代男性の別れ道、ブランド・専門店

男性は、20代を抜けて30代に到達すると、再び財布選びの時期がやってくると言えます。
通常のサラリーマン生活を送っていれば、30代は課を任されたりプロジェクトチームを率いたりと
務めている会社の看板を背負って部下を持つ中間管理職の立場でしょう。
また、家庭を持ち、子供も生まれるなど社会的な責任の重さに加えて気力と体力が充実する時でもあります。

 

 

30代は、財布を選択する世代である

 

30代になり、社会的な地位が向上するに従い、20代の頃に持っていたようなシンプルな
二つ折り財布というものに物足りなさを感じるかも知れません。
また、部下が生まれ、食事などを共にする時に、若手と自分が同じような財布だと違和感が生まれる
そのような時期にもさしかかるかも知れません。
ここで、30代には、二つの分岐点が出来ます、すなわちブランド財布か専門店の財布かです。

 

 

ブランド財布と専門店の財布とは?

 

30代は、自分で自由に出来るお金も或る程度あるので、財布に10万円程度は掛けられるでしょう。
それで、ブランド財布を購入し、それに見合う自分をPRする方法もあります。
しかし同時に、「この年でブランド財布は生意気と思われないか?また似合うだろうか?」
そのような疑問も生まれるかと思います。

 

 

品質では決してひけをとらない専門店の財布

 

専門店の財布とは、決してブランドのように高級ではないが、
品質とデザインではひけをとらない質実剛健な財布を造っているメーカーです。
有名なメーカーには、「ココマイスター」「グレンチェック」「スーパークラシック」
「YUHAKU」というメーカーがあります。
ブランドではありませんが、職人の手作りの財布であり、
20代から60代の幅広い男性の支持を得ています。

 

 

逆にブランドで財布を選ぶならば、

 

反対に思いきってブランド財布を持つならば、プラダがオススメになります。
プラダは、割合にシンプルなデザインが多く、嫌味になりにくいのが特徴だからです。
ゴテゴテしていないので、女性受けもいいというのもポイントが高いです。
2位にはボッテガヴェネタもあり、こちらは重厚で迫力のあるデザインが売りです。