年齢に合った財布を選ぶのが重要

20代で選ぶべき財布のデザインとは?

男性は年齢に合わせて、持つべき財布も変化していきます。
学生時代ならばマジックテープ式の布財布も様になりますがいい社会人になってからも
会計で財布をバリバリ言わせては、流石にカッコ悪いでしょう。
では、社会人に差しかかる20代の財布とは、どういうものでしょうか?

 

 

財布は人間の顔、幼稚に見える布財布はアウト

 

 

社会人になったばかりのA君は少し無理をして高級レストランを予約しました。
そうして、まだ大学生の彼女を誘って、食事を卒なくこなし話も弾みました。
「やったデート成功」A君がそう思ったもの束の間、落とし穴は会計で待っていました。
そう、財布を新調していなかったA君はオシャレなレストランの会計で
例のマジックテープ「バリバリ」をやってしまったのです。
周囲の冷たい失笑で折角上げた彼女の好感度も低下したのは言うまでもありません。
別に布財布が悪いのではありません、場違いな場所でバリバリをやったA君が悪いのです。

 

 

20代の男性が持つなら、長財布より二つ折り財布

 

20代で社会人になったら、もう布財布も、キャラクター財布も卒業しないといけません。
財布は革製、色は黒とか茶とかスーツの色から浮かない色が望ましいでしょう。
しかし、ここで背伸びをして長財布というのは、あまり関心できません。
長財布は、30〜50代の落ち着いた男性のイメージがあるからです。
無理して、長財布を出してしまっても、年齢と会わず不格好な印象を与えてしまいます。
逆に二つ折り財布は、活動的で若々しいイメージがあるので20代にぴったりです。
それに、二つ折りなら、ポケットにしっかり入るので財布を落す心配も小さいです。

 

 

行動的な20代男性が選ぶなら機能性の追求

 

20代、男性ならまだ未婚の人が多く合コンやら、趣味やらで飛び回る機会が多いでしょう。
それから彼女が出来たなら、財布の機能をしっかり把握しないといけません。
小銭入れはついているのか?カードは何枚入るのか?お札を入れたらパンパンにならないか?
このようなポイントを把握して、遊びに余計な荷物が増えないようにします。
沢山の荷物を抱えてあたふたするあなたは、見ていないようでもしっかり彼女に見られていますよ。