年齢に合った財布を選ぶのが重要

財布はかさばるとお悩みの方にはマネークリップ

財布が大きいからカード類やお札が増えるのか?
カード類やお札が増えたから財布を大きくしたのか?
いずれにしても、私達は物を溜めこむのが好きに造られているようです。
じゃあ、最小限度のスペースしか持たなければいい・・
その逆転の発想からマネークリップは重宝されています。

 

 

どうやってもかさばる財布の重量感を脱出したマネークリップ

 

元々、マネークリップは、欧米でサービスに対するチップを支払う為に造られたものです。
名前の通りに、金属の留め金で紙幣を留めるように出来ていて、とても小さく、
ジーパンの狭い前ポケットにも、簡単に入るシンプルな構造です。
日本では、チップの習慣はありませんが、そのシンプルな構造と装飾性がウケて
最近は愛用者が急増しています。

 

 

ライターやキーホルダーに並ぶ、装飾品としての価値

 

マネークリップは、コンパクトであるだけではなく、その銀色のクリップに装飾的な価値を認められ
ブランドメーカーがオリジナルのマネークリップを出している程になっています。
ラフな格好でも、ポケットに突っ込む事が出来、また紙幣をロックしているので、
ジーパンの中でも、お札がよれよれになる事もありません。
物を持ちすぎる事に慣れた現代人が、マネークリップに惹かれるのも分かります。

 

 

あのホリエモンも愛用しているマネークリップ

 

 

ライブドアの元社長、堀江貴史も、マネークリップを愛用しています。
財布のようなかさばるものは持たず、4つの携帯端末を駆使して
電子マネーで支払いを済ませるホリエモンには、マネークリップで充分だそうです。
「お金なんて、早く無くなって電子マネーになればいいのに」
掘江貴史は、そう豪語している位なので、かさばる財布など持つつもりはないのでしょう。

 

私もマネークリップ愛用していますし、財布は長財布の「ナポレオンカーフアレクサンダーウォレット」を使用しています。
マネークリップはちょっとパッと出かけるときに楽で助かりますし、フォーマルな場所で出すときにも出来る男を醸し出せます。

 

 

マネークリップは発想の転換を促すシンプルなアイテムです。
持てるだけ持つのではなく、必要な分だけを選択して持ち歩く、
無駄なモノを産み出しているのは、実は私達自身である事を
マネークリップは沈黙の間に教えているのではないでしょうか?